離婚するための浮気調査で重要なこと

日本の夫婦の離婚原因の多くに浮気があると言われており、
配偶者の浮気を調査して、
それを証拠にして離婚するケースがよくあると言われています。

 

離婚を有利に進めるための浮気調査として重要なのは
どのようなものがあるのでしょうか。

 

これは、配偶者が不貞行為に及んでいると
立証できる証拠を揃えること、と言えるでしょう。

 

日本の民法で離婚の理由として
挙げられているものに不貞行為があり、
これは男女間の性交渉を複数回に及んで行っていることを指す、
と言われています。

 

そのため、たまたま一回他人と食事をしていたとか、
そういうのでは浮気の理由になり辛いということになります。

 

調査をする場合には、配偶者が何度も他人とあって
性交渉をしていると立証できるような写真、
例えばホテルに入って出てくるところの写真や、
動画などが有効と言われています。

 

このような証拠を抑えておくことで、
夫婦間の離婚調停でも慰謝料の請求などで
優位に進めることができますし、配偶者が離婚に同意せず、
裁判になった場合でも、裁判所が離婚を認める要件を
満たしているために離婚しやすくなります。

離婚するための浮気調査で重要なこと記事一覧

相手が浮気をしていたり、夫婦間の仲が悪くなったとき、離婚を考える人は多いでしょう。その中でも数割の夫婦は相手との離婚を選ばず、やり直すことを選んでいると言われています。離婚をせずにやり直す場合に気をつけるべきことにはどのようなものがあるのでしょうか。1つめには、離婚を考える事になった根本的な原因自体...